むくみと心不全 むくみ研究所~原因・対策・解消紹介~

むくみと心不全のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

むくみと心不全

むくみは、血液中の水分が
血管の外に出て溜まってしまった状態なのです。

この水分は、重力の影響で
立ち仕事や椅子に長時間座っている場合には
まず両足にむくみが確認されてきます。

また病気などで寝たきりの方の場合には、
背中や腰にむくみが生じることもあるのです。

放っておいてしまうとむくみは、
全身に及ぶようになってしまい、
肋膜腔(ろくまくくう)に水分が溜まる場合があります。

この状態で、むくみが進むと
体重が増加して
疲労感や倦怠感を強く感じるようになります。

実はこのむくみと「心不全」は
密接に関係しているケースがあるのです。

スポンサーサイト

2011年03月18日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。