顔のむくみの原因 むくみ研究所~原因・対策・解消紹介~

顔のむくみの原因のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

顔のむくみの原因

朝、顔を洗おうと鏡を見ると、
なんだか顔がはれぼったい感じがする
こんな経験をした方は、多いと思います。

このような場合でも、前日にお酒を飲みすぎたとか、
2時間位しか寝ていないなど、顔のむくみの原因に、
思い当たることがあれば、心配する必要はないと思います。

しかし普通の生活をしていても、毎日のように顔にむくみが出たり、
体のどこかに、他の症状が出ていれば、腎臓などの病気が疑われます。

医療機関で受診することをオススメします。

また、太ることと、むくむことの違いも意識しましょう。

太るというのは、体の脂肪分が増えることです。

対してむくむのは体の中の水分、特に細胞外の水分が増え
組織の働きに障害が起こる状態を指します。

顔がむくんでいる時は、指で額を強く押すとへこんで、
元に戻るのに時間がかかります。

むくみと太りの判断材料にしましょう。

体がむくむ原因は、組織の間に水がたまることが原因です。

人間の体重の70%は水で、
うちの50%は細胞の中に、20%が細胞の外にあります。

細胞の外には細胞外液と呼ばれるものがありますが、
その5%が血液中に、残りの15%は組織液になります。

血液は毛細血管を通して、栄養や酸素を各組織に送って、
組織から炭酸ガスや老廃物を、引き取る役割を果たしています。

この時に、大量の水分が出たり入ったりしています。

お酒の飲みすぎなど原因で、この水分の出入り機能が、
働かなくなってしますと、組織の間に水分がたまり
「むくみ」が出てくるのです。

スポンサーサイト

2011年01月17日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。