立ち仕事のむくみの原因 むくみ研究所~原因・対策・解消紹介~

立ち仕事のむくみの原因のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

立ち仕事のむくみの原因

人には「むくみ」やすい人と、あまりむくまない人が、
いるのは確かですが、この 「むくみ」の原因は、
一体、なんなのでしょうか?

大阪のマッサージ 心斎橋にも、むくみに悩む方が大勢訪れます。

今回は、立ち仕事をしている人の、
足が「むくむ」原因と症状について説明します。

立ち仕事をしている方は、仕事帰りの時間になると、
靴がきつくなっていた、ということがあると思います。

人間の身体は、血液を心臓に戻す際に、
主に、ふくらはぎの筋肉が、
ポンプ機能の役割を果たしています。

この、足のふくらの筋肉は、長い間、
立った状態でいると、筋肉が疲労して 硬直してしまい、
ポンプ機能が、弱くなってしまいます。

これが、原因で、足に水分がたまって、
むくみを感じるようになってしまうのです。

これが、立ち仕事のむくみの原因です。

このむくみの原因を解消するには、
東京 出張マッサージや、帰宅した際の、
マッサージ等が、効果的ですが、
仕事中でも、対策は可能です。

立ったままの状態で、かかとを、
上げ下げしてみましょう。

硬直していた、ふくらはぎの筋肉が、
ほぐれて、むくみの状態が、少しは良くなります。

時間が、空いた時にやってみましょう。

スポンサーサイト

2010年12月15日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。