関節リウマチの薬など むくみ研究所~原因・対策・解消紹介~

関節リウマチの薬などのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

関節リウマチの薬など

最近まで、関節リウマチは、
「不治の病」と言われていました。

全身の関節が、腫れて痛み、その症状が進むと、
関節が、破壊されて、その結果動作しなくなってしまいます。

関節が動かなくなると、食事や、歩行も困難になり、
生活の質が、著しく落ちてしまいます。

今までの関節リウマチの薬は、炎症を抑えることが出来ても、
関節の破壊まで止めることは、できませんでした。

つまり、リウマチを治癒するという理想からは遠かったのです。

しかし、2003年から「生物製剤」と呼ばれる、
新しいリウマチの薬が製品化されました。

この「生物製剤」は、遺伝子組み換えにより作られた製品で、
関節破壊の原因になる物質「サイトカイン」を抑えます。

「生物製剤」は、関節破壊の進行抑制に、
目覚ましい程の効果を発揮するのです。

このように、非常に高い効果が期待できる
生物製剤ではありますが、次のような欠点もあります。

・費用が高額(3割負担で年間40~60万円)
・免疫力が低下するので、結核、肺炎にかかりやすくなる

副作用などのマイナス面があるますが、
生物製剤が、関節リウマチに、
大変効果的であるのは間違いありません、

治療の選択肢としては、
外せない治療法と言えるのではないでしょうか。

【PR】
マッサージ 東京 出張
オイルマッサージ

スポンサーサイト

2010年11月19日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。