食材で健康 むくみ研究所~原因・対策・解消紹介~

食材で健康のカテゴリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

むくみに効くじゃがいも

むくみを解消するために使える食材は、実はじゃがいもなのです。

じゃがいもは高い栄養価を持っていることで知られています。
これを食すと高血圧の改善や心臓発作の予防ができるとされています。

そんなじゃがいもに豊富に含まれているカリウムは、
むくみの原因のひとつである体内のカリウム不足を解消してくれます。

カリウムを摂取するとダイエットにも効果的とされています。

じゃがいもを意識して食べて、むくみの改善に努めましょう。

スポンサーサイト

2011年06月28日 トラックバック(-) コメント(-)

コラーゲンとゼラチンの奇妙な関係

お肌の味方、コラーゲンは一体、
どのような物なのでしょうか?

世の中には、ゼラチンと、
呼ばれるものがあります。

ゼラチンとは、コラーゲンを
長時間加熱して、水に溶かした状態のものです。

なんと、コラーゲンは、私達の非常に
身近なゼラチンになってしまっていたのです。

その為、ゼラチンを摂取する事はすなわち、
コラーゲンを摂取する事になります。

したがって、ゼラチンもコラーゲンと同様、
非常に美容に効果的なのです。

勉強になりましたね~。

2011年04月22日 トラックバック(-) コメント(-)

内臓脂肪を減らす食品

内臓脂肪というのは、簡単に説明すると、
腹筋の内側に付いた脂肪のことです。

内臓脂肪は、適度の量だと、
体温の保持や内臓の保護などの働きに役立ちます。

ただし、その量が、あまり多くなると、
放熱状態が悪くなったり、内臓を圧迫する原因になります。

多すぎる内臓脂肪は、糖尿病などの生活習慣病を、
引き起こす、大きな発症因子であることで、知られています。

内臓脂肪の特徴に「付きやすく・落ちやすい」というものがあります。

そんな、内臓脂肪ですが、以下の食品・食材には、
内臓脂肪を減らす効果があるとされています。

内臓脂肪が気になる人は、
これらの食品を意識して摂取してはいかがですか?

~内臓脂肪に効果的な食品~

・キトサン
・DHA(魚油) 
・豆鼓(トウチ)エキス
・青魚に含まれるEPA
・ビタミンA・B1・B2・C・E
・カプサイシン
・カフェイン
・ポリフェノール

2010年11月13日 トラックバック(-) コメント(-)

健康に朝カレー

遅ればせながら、
今頃、朝カレーなるものを知りました。

どうやら、ちょっとしたブームになったようで、
野球選手であるイチローさんも実践しているです。

最近は、朝専用のカレーも出ている程で
その注目度の高さが、分かりますよね。

では何故、朝にカレーを食べると良いのでしょう?

その要点をまとめてみると以下のようになります。

・カレーに使用されている、複数のスパイスが、
 漢方の生薬のような働きをしてくれる。

・カレーは摂取することで、脳内の血流が2~4%増え、
 脳の情報処理能力を担当する部分の働きが活発になる。

・朝、カレーを食べると、スムーズに交感神経に切り替わるので、
 集中力が高まって、1日を楽に過ごすことができる。

・体温が上がることで免疫力が高まるので、風邪をひきにくくなる。

・肉・野菜・魚介類などの、複数の食品を一度に摂ることができる。

・体調、好みに合わせて、スパイスや食品を加えることができる。

このように、カレー自体、健康食として非常に優れていつのですが、
それを朝から食べることで、活発に1日を過ごすことができるのです。

もともと、カレーというのは、インドの健康食です。

朝カレーだけでなく、カレーは体調管理に役立ちます。

受験生は朝カレーで受験に備え、
大人はカレーを食べて健康になりましょう。

【PR】
マッサージ 大阪
オイルマッサージ 台東区

2010年11月10日 トラックバック(-) コメント(-)

コーヒーを飲んで健康になろう

今回はコーヒーに関する健康情報を紹介してみます。

国立がんセンターの研究チームが調査で、
毎日コーヒーを飲むと肝がんのリスクが半分になることがわかったそうです。
 
このは、1990年から10年間、
日本全国の40-69歳の男女約9万人を対象に調査されました。

コーヒを飲む量が多いとさらにリスクは減るようです。

これは、カフェインの肝臓保護効果が関係しているのかもしれません。

アメリカで研究された結果では、
コーヒーや紅茶をを1日に2杯以上飲む人は
1杯以下を飲む人と比べて肝障害が進行する割合は
半分くらいに抑えられることがわかっています。

※ただ、ウイルス性の肝炎を抑制する効果は無いらしいです。

特別コーヒーを持ち上げるつもりはありませんが、
こうして見てくると、コーヒーで気をつけることは
寝る前に飲むと眠れなくなることくらいでしょうか?

コーヒーを飲むのは、健康法としてもオーバーではないのかもしれません。

2010年10月23日 トラックバック(-) コメント(-)

「紫ウコン」液浄化などに効果が期待出来ます

ウコンと言えば 秋ウコン、春ウコンが一般的と言われていますが、

これらの、成分を全て含んだ最上級のウコンといえば 紫ウコンです。

紫ウコンには、カンファ・アズレン・シネオールといった
精油の成分が豊富に含まれています。

漢方薬は古来より、芳香性健胃剤として使用されてきましたが、
紫ウコンには 脳の活性化、老化防止、ダイエットに効果があるとされる
「αリポ酸」や脂肪燃焼を促進する「L-カルニチン」を配合されています。

以下の商品の詳細を記述します。
気になる方は、購入してみて下さい。
※知り合いの情報ではリピート率も高いらしいですよ。

紫ウコン粒(αリポ酸入)
¥3,990(税込)
内容量 100mg × 600粒(約一カ月分)

腸や血液をキレイにして、心臓病、
脳梗塞の予防に効果があるとされています。

また、ダイエットにも効果的で、
胃腸薬としても利用されています。

確認されている薬効は、肝臓病のほか、
高血圧、心臓病、血液浄化、糖尿病
胃潰瘍、胃弱、貧血、老化予防などにも効果が期待出来ます。

【PR】
マッサージ 目黒
リンパマッサージ 港区

2010年10月21日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。