むくみの原因 むくみ研究所~原因・対策・解消紹介~

むくみの原因のカテゴリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

むくみの予防法



人の身体がむくみを発生させてしまう原因となることはいくつかあり、中でも同じ姿勢を長時間保つことや身体を締め付けるような衣服を着ること、睡眠不足を続けることが大きな原因となってしまうため気をつけておかなければならないでしょう。

同じ姿勢を保つことは血行を悪くしてしまいますし、同じ様に身体を締め付けるようなものを身につければ同じ様に血行が悪くなってしまいます。

そして睡眠不足は一見関係がないように思えますが、実はこれによって自律神経が悪影響を受けて、上手く水分を排出できないようになってしまうことが多々あるのです。

ですから、本当にむくみを感じることのない毎日を過ごしていきたいのであれば、以上のような点にはよくよく注意しておいてください。

スポンサーサイト

2013年01月08日 トラックバック(-) コメント(-)

むくむくむくむ



なんだか早口言葉みたいなタイトルになってしまいました。近頃デスクワークが続いていてパソコンの前に座りっぱなしなんてことが多いです。長時間座るというのは足に悪いみたいで、なんだかふくらはぎがむくんでいるんような気がします。ちょっとお風呂に入る時にマッサージをしているんですが、なかなか積もり積もった疲れは取れませんね。座りっぱなしでも使っていない足に影響が出るなんて人間の体って思ったより繊細なような気がします。

2012年05月17日 トラックバック(-) コメント(-)

病気が原因で手が「むくむ」

手の「むくみ」は、病気が原因だあることがあります。

例えば、内臓疾患が原因で、
手が「むくむ」ことがあります。

このことが原因となるのは、他の部位も同様で、
その他にも、尿が関係するネフローゼ症候群や、
ホルモンバランスが崩れる甲状腺機能低下症、
といった原因で「むくみ」が発生することがあります。

またビタミン欠乏症は脚気になって
脳や心臓にまで痛みが出るケースがあります。

ビタミンやミネラルが不足してしまうと、
体内の血液や水分の循環が鈍って、
細胞の隅々にまでこれらの体液が届かなくなるのです。

これが原因で手などに「むくみ」が発生することがあります。

▼「むくみ」解消に期待が出来るマッサージ
マッサージを千里でも利用できます

▼マッサージの情報を探すときに便利なサイト
マッサージの専門学校 茨城で探す

2011年07月07日 トラックバック(-) コメント(-)

むくみによる皮膚色素の沈着

間質液(リンパ液)の水分の中には、
血液の色素なども含まれているのです。

それが皮膚下に沈着することによって、
透けて見えるようになるため、
クマが現れてくる場合もあるようです。

特に、目の下は皮膚がとても薄くなっているため、
透けて見えることが多いのです。

しかも、むくみが繰り返し起こっている場合だと、
色素が定着してしまって、
取れなくなってしまう事が考えられます。

2011年06月14日 トラックバック(-) コメント(-)

むくみによるしわ・たるみ

むくみによって しわやたるみが
起きてしまう場合もあるようです。

むくみは、真皮の下にあるコラーゲンなどの弾力繊維を、
むくみの影響によって、伸ばしてしまうのです。

そうなってしまえば、
たるみやシワなどになってしまう場合も考えられます。

むくみの影響によって、
肌の弾力繊維を伸ばしてしまえば、
もとに戻らなくなっていしまうのです。

その結果、しわやたるみへと繋がってしまう
ということになります。

2011年05月31日 トラックバック(-) コメント(-)

病気以外から発症するむくみ原因

むくみの大きな原因の一つとしては
塩分の摂り過ぎがあげられています。

塩分の摂り過ぎは、血液中の水分が
血管やリンパ管の外へとしみ出してしまい、
間質液がたまってしまうのです。

余分な間質液が増える事によって、
体がむくんでしまうのです。

インスタント食品はなるべく
避けるようにしましょう。

1日の食塩摂取量は、
10g以下が望ましいと言われているようです。

<オススメ!出会いをお求めの方へ>

・真面目な出会いをお求めの方はこちらへどうぞ
http://s-and-s.net/deai/tokyo/

・お見合いパーティーの情報!
http://koi-search.info/ls/deaikei/

2011年05月12日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。